お薦め

治療後のメンテナンス

今歯の治療の方法の一つとして、インプラントがとても注目されています。
まず一番のメリットは、術後の見た目が天然の歯と変わらないことです。
さらに使用感に関しては、天然の自分の歯とほとんど変わらなぐらい違和感がないのも特徴です。
そして入れ歯やブリッジのように、外れることがないのでメンテナンスが少ないのもメリットの一つです。

インプラントの場合、術後の成功率がとても高くなっています。

インプラント手術をしてから5年後までは、95パーセント以上の成功率となっています。
15年後先を見ても90パーセント近い成功率を保つことができます。
しかしこのような高い成功率を保つためには、治療後のメンテナンスがとても重要になります。
これはインプラントに関わらず、どんな病気の治療法であっても治療後のメンテナンスは重要です。
特にインプラントの場合は、取り外しなどができない分、しっかりとメンテナンスしなくてはいけません。

その代わり、入れ歯などあるいっての時期にきたら、歯茎の衰えなどにより入れ歯などを作り変える必要があります。
しかしインプラントの場合は、そういった作り変えるという必要性はありません。
何度か作り変えることを考えれば、インプラントは高額ですが、使用感は断然インプラントの方が高いです。
なので日常生活において、不自由なく生活できるのがメリットの一つです。

それではそのようなメンテナンスを行っていけば、インプラントの成功率が高いままキープできるのでしょうか?
一番心配すべき症状は、インプラント歯周病といわれるものです。
インプラントは虫歯になることはありません。
なので油断して、歯ブラシを怠ってしまうと歯周病のような症状を起こしてしまいます。

このインプラント歯周病は、症状は歯茎がはれたり膿や出血が出たりします。
このような状態になると、インプラントの土台となる部分がぐらつきやすくなります。
するとインプラントの部が取れてしまったり、痛みも強くなってきます。

このように重症化してしまう前に、定期的なメンテナンスによって予防したり軽症で治療を行ったりすることができます
またメンテナンスでは、人工歯根の部分がしっかり固定されているか、レントゲンで丁寧確認を行います。
その他にも噛み合わせがうまくいっているかなども一緒にメンテナンスではみてもらえます。
最初の一年間は、三カ月に一度のぺースでメンテナンスを受けていくようにしましょう。
二年目からは年に一度だけびょういんでのめんてなんすをう
すうすることで、より一生インプラントで快適な日常生活を送ることができます。
こちらには、インプラントと義歯の差について書かれていました。是非読んでみてください。