お薦め

インプラントができないケース

歯の治療法の一つにインプラントという方法があります。
インプラントの治療によって、天然の歯と変わらないきれいな歯を手に入れることができます。
またインプラントは、あごの骨と結合しているので、噛んだときに天然の歯と同じように使うことができます。
なので食事中に噛みにくいなどといった、違和感を感じることなく使用することができます。
保険適応外の治療法なので、1本当たり10万円以上のものが多く治療費の負担が大きくなってしまいます。

さらにいえば、必ずしもこのインプラントという治療法を受けれるわけではありません。
いくつかの検査項目に引っ掛かってしまうと、残念ながらインプラントができないケースとなってしまいます。

それでは具体的にどんな場合だったらインプラントができないケースといえるのでしょうか。
まず一つ目は、残っている骨の部分がどれだけあるかということです。
インプラントの治療には、あごの骨にくっつけて一体化することで固定されます。
なのでこのあごの骨の部分がどれだけ残っているのかがとても重要になっていきます。
もしインプラントをするのに骨が足りなかった場合は、あごの骨を増やす手術を受けることができます。

二つ目は、糖尿病や高血圧などの全身的に疾患があると診断されている人です。
糖尿病の人の場合、免疫力や抵抗力が普通の人に比べて弱くなっています。
なので歯周病になる恐れが多いということが分かっています。
またあごの骨とくっつくときにおこる、骨吸収が多くなりやすいので、インプラントが落ちやすいといわれています。

糖尿病が重度の場合、多くの人がインスリンなどの注射の治療を行っています。
インプラントの手術をする際に、食事の制限や薬を一時的に使用するこをやめておく必要があります。
なので必ず全身疾患がある場合は、意思としっかりとしたうちあわせをしておきましょう。

三つ目は、ヘビースモーカーや重度の歯周病の場合です。
煙草に含まれるニコチンやタールによって血管を萎縮され、手術後の傷の治りが悪くなります。
また免疫力も低下しているので、感染症の危険性もあります。

重度の歯周病に関しては、インプラントの治療の際に細菌感染の可能性があります。
なので、インプラントの手術の前に歯周病に対する治療を行う必要があります。
手術の計画に関しては、診断の時に主治医の先生としっかり話し合いをしておきましょう。

その他にも18歳未満の場合は、骨の形成がまだ成長途中の場合があるのでインプラントはお勧めできません。
また妊娠中も、手術後の薬を飲むことができないため、痛みがかなり伴う場合があります。
妊娠中は血液が多く流れているので、手術などで出血した際、止血するのに時間がかかったりしてしまいます。

インプラント治療の場合には、必ず事前の診断があります。
なので必ずその時に、正確な情報を伝えるようにしましょう。

また、こちらのおすすめサイトには 商標権の存続期間についての詳しい解説があります。是非ご覧になってみてください。