お薦め

インプラントの治療期間

インプラントは歯の治療法の一つとして、広く一般の方にも広がっています。
インプラントは、見た目が天然の自分の歯と変わらないように見えるのが最大のメリットです。
またその他には、入れ歯などでは歯茎と入れ歯がしっかりあわずに食べにくかったり、硬いものを避けて食事をしなくてはいけません。
しかしインプラントの場合は、あごの骨にインプラントの土台が固定されてつくられます。
なので治療後の安定感は一番高いといえます。
また食べ物を選ぶことなく自由に、ストレスなく食べれるのも魅力です。

このようなインプラントを受けるためには、治療期間が他の治療に比べてとても長くかかります。
一番早くても3カ月ぐらいで、人によっては一年近くかかってしまいます。
なぜそれだけの治療期間の差が生まれてしまうのでしょうか?

まず基本的な治療の流れから知っておきましょう。
一番最初に、インプラントの土台となる、人工の歯根を埋め込むための手術を行います。
手術時間は、1時間から2時間ほどになります。
その後人工の歯根を埋め込んでから、あごの骨にくっついて固定するまでに時間がかかります。
最低2カ月はかかりますが、人によっては半年かかることもあります。
特に治療するインプラントの位置が下あごの方が、骨との連結がしやすくなっています。
また上あごの方が骨が薄くて柔らかいので、連結するのに時間がかかってしまいます。
まずここが治療の期間で大きく変わってくるところの一つです。
その後の治療期間はあまり違いがありません。

治療期間に個人差が生まれるのもう一つの要因は、手術前の歯の状態です。
例えば、歯周病であったり、あごの骨が薄い人、などがあげられます。
インプラントの施術をする前に、口の中の環境を整えて手術が可能な状態にしなければいけません。
歯周病は、インプラントの施術の際に、細菌による感染症でインプラント歯周病を引き起こしてしまいます。
なので歯周病の治療をまず優先的に行うことになります。

またあごの骨が薄い人の場合、その状態によってインプラントができる環境にするための手術法が違ってきます。
他の場所のほねをまず削って、骨を移植する方法です。
なかでも上あごの前歯の方はインプラントの長さより、骨の厚さが足りない場合が多いです。
そんなときインプラントのために、サイナスリフト、ソケットリフトといった方法で人工歯根をとりつけます。
この方法の場合、2カ月以上骨が自然と形成されるのを待たなければいけません。
なので治療期間も、普通のインプラントの2倍以上かかると思っていた方がいいでしょう。
こちらのカウンセリングの重要性とインプラント治療の流れについての解説も参考になりますので、ぜひご覧になってみてください。

インプラントは普通の治療と異なり時間がとてもかかります。
そのことを念頭に置いて、ゆっくりとしたスケジュールがとれる時期に行うことをお勧めします。