お薦め

インプラントの検査

現在、歯の治療法が日々進化しています。
中でもインプラントでの治療法は、多くのメリットがあり注目されている治療法になります。
治療法には時間がかりますが、治療後の成功率の高さやメンテナンスの負担が少なく済みます。
また見た目が天然の歯とほとんど変わらず、実際使用した感じも自分の歯に違和感がほとんどありません。
これらの要因からインプラントの需要がとても増えています。
インプラントとブリッジ・入れ歯それぞれの特徴はこちらを参考にすると良いでしょう。

しかしその他の治療との大きな違いは、手術ということです。
一般的な治療と比べて身体的負担が大きくなります。
なので治療を受ける際には、しっかりとしたインプラントに適応できるのかどうかの検査が必要になります。

検査の方法は、各病院によって多少の違いはあります。
インプラントの高い成功率や継続率をあげていくためには、事前のインプラントの検査がとても重要になります。
まずインプラントは、歯がない状態のところへの治療になります。
なので、インプラントの土台となる人口の歯根を埋め込むための、あごの骨の状態がとても大切になります。
このあごの状態によっては、インプラントによる治療ができない場合があります。

それと同時に大事なのは、インプラントの部分の歯茎の状態です。
歯茎が弱ってしまっていると、のちに歯周病になりやすい状況になります。
またかみ合わせなどもインプラントの事前検査では重要です。
これらの診断を正確にするためにも、レントゲン撮影は欠かせんません。

まず口全体のバランスやかみ合わせを見るために、口全体のレントゲン写真をとります。
またこの写真を使ってインプラントの施術の説明を行うので、とても大事な写真になります。
その後口腔内の写真や模型などを作る場合もあります。
さらにインプラントの治療をする部分のレントゲンも必要です。
中にはCTなどをとるケースがあります。

病院によっては、シムプラントと呼ばれるCTで撮影した映像を3Dの画像で立体的にみることができます。
最新の医療機器があるかないかで、より詳しい検査ができるかどうかが決まります。
安心して治療を受けるためには、しっかりとした検査が大事です。
なかには詳しい検査をしなくても、治療ができると判断しやすい状況もあり得ます。
しっかりと主治医と検査結果をもとに、治療法を納得いくまで説明してもらいましょう。
こちらのIPインプラントとは?のページも、ぜひご覧になってみてください。