お薦め

今後のインプラントの展望

日本でインプラントという治療法を耳にするようになったのは、ごく最近のことのように思えます。
新たな治療法の一つとして、ここ数年の間に飛躍的に進化しているといえます。
インプラントにされた場合、見た目が自分の天然歯とほとんど変わらない状態にすることができます。
歯の印象は、人の印象も大きく変えます。
なのでよりこれから広く一般的に広まっていく治療法だといえます。

また見た目だけでなく、歯が抜けた時の入れ歯やブリッジなど他の治療法との大きな違いがあります。
それはあごの骨に連結しているかどうかです。
この連結することによって、天然の歯と同じような安定感をえることができます。
なので歯のぐらつきや食事の制限などがないので、毎日の生活にストレスがありません。

ただし、インプラントがより浸透するための課題がいくつかあります。
その課題をどれだけ早く解決するかによって、今度のインプラントへの浸透も早くなるといえます。

まず一つは、手術による感染症の心配です。
手術を受ける際に必ず事前診断を行います。
この時にインプラント治療する部分の歯の状態を確認します。
その時に歯周病などのトラブルを抱えている患者は少なくありません。
歯周病は、インプラント手術の中で最も気をつけなければいけない感染症の一つです。
歯周病により、インプラント歯周病を引き起こしてしまい、最悪の場合インプラントがとれてしまうことになります。
このような状態をいかになくすということが、とても大切になります。

またインプラントは、全身疾患の患者さんには注意が必要です。
中でも糖尿病に関しては、自覚していなくても実は糖尿病だったというケースが多くあります。
なので事前診察の際に、検尿や採血などで患者の情報を一つでも多く把握しておくことが大事になります。

もうひとつは治療法の短縮です。
一番インプラントを決断するために、長期間での治療を理解したうえで行わなければいけません。
どうしてもこれらがデメリットとなり、短期間で治療できる方法へと変えてしまいます。
インプラントの種類によっては、抜歯後即時インプラントを埋入し、即時修復することも可能になっています。
特に前歯などは、抜けてしまった状態や仮の歯の場合、早い治療を求められます。
治療が短期間であれば、インプラントの需要はより高まるといえます。
日本においてインプラントの市場は、ますます拡大してく市場だといえます。
アメリカやドイツなどの国に比べると、5倍から10倍進化が遅れているといわれています。
なので今度の発展次第では、急速にインプラントの需要が高まってくるといえます。
こちらのサイトdeltasummit.orgの説明も、ぜひご覧になってみてください。